起業までのステップ起業における具体的なステップです。
起業は準備を怠らなければ、難しいことではありません。また、準備を十分に行えば、倒産しない企業は作れます。具体的にイメージをつかんでください。

失敗しない起業をするためには、事前の準備が必要不可欠となります。

1. 何で起業するかを決める 事業計画書の作成

事業計画書の作成まずは、何で起業するかを決めます。
起業は、好きな事を追求するだけでは、起業することはできません。お客様からお金をもらい生活していく必要があります。好きだけではなく、需要がある必要があります。 そのために、ご自身の「長く続けられる仕事」で「お客様に価値を提供できる仕事」を探す必要があります。

倒産するには理由があります。多くの理由が事前準備をされていないことです。
失敗しない起業をする上では、事業計画書の作成が必須です。
また、起業に資格が必要な場合は、資格勉強を始めてください。資金が必要な場合は、コツコツと貯めるようにしてください。

2-1. 仲間を増やそう

仲間を増やそう失敗しない起業をするためには、人脈のネットワークを最大化することが必要です。
仲間は、時に良いアドバイサー、時に良い取引先、時には良い営業マンになってくれます。

この時、会社設立前ですが、名刺を作成して、配るのをお勧めします

2-2. 周りの理解を得る

周りの理解を得る起業=怖いというイメージを漠然と持つ方は多くいらっしゃいます。
しかし、起業=怖いものではありません。事前の準備のない起業が怖いものなのです。
また、配偶者がおられる方であれば、配偶者の理解を得ることは大切です。配偶者が一番気にされていることは、家庭のお金事情です。
一度、起業後の家庭のシュミレーションを実施することをお勧めします。家庭のシュミレーションはご自身の起業への恐怖心を取り除く手段でもあります。

3. 勤めていた会社を退職

勤めていた会社を退職ご自身の起業プランができあがり、ある程度の人脈もできて、さらにご自身の周りの理解を得られたら、ついに会社を退職して起業となります。
この時、会社とケンカ別れはなるべく避けて、円満退職をしましょう。

4. ご自身の会社の設立

ご自身の会社の設立そして、ついに念願の起業となります
司法書士又は行政書士に依頼して、ご自身の会社を設立します。幣法人でも、会社設立代行を預かっております。
この時に、法人の印鑑を作成します。実印、銀行印、角印の3つを作成することが一般的です

5. 法人口座の開設

法人口座の開設法人の設立登記を終えたら、法人口座を開設して、お客様との取引ができる体制が整備されます。
なお、ホームページの作成をすることをお勧めします。ホームページから集客する予定がないのであれば、そこまでお金をかけて作成する必要はありませんが、現代では、ホームページは名刺代わりに利用する場合があります。

6. 事業スタート

事業スタートこれから、ご自身がオーナーの会社で、事業をスタートです。