有期契約労働者に健康診断を受けさせようとする場合、「キャリアアップ助成金 健康管理コース」があります。

健康管理コースは、4人以上の有期契約労働者健康診断や人間ドックを受診した場合に、中小企業であれば1事業所あたり40万円の助成金が支給されます。 なお有期契約労働者とは、有期の契約期間が1年以下であり、かつ契約更新をして1年以上労働していない人を言います。

正社員については労働安全衛生法第66条に基づき、健康診断の実施が義務付けられているため、助成の対象外となります。

健康診断の相場は1万円程度かかります。全額会社負担である為、健康診断制度導入でかかる費用は最低4万円程度(=1万円×4人)となります。 また、人間ドックの相場は10万円ほどかかり、半額以上を会社で負担する必要があります。そのため、人間ドックを有期契約労働者に受けさせる場合は、20万円(=5万円×4人)程度かかります。

いずれにしろ、1事業所あたりに40万円もらえますので、お得な助成金と言えます。

しかし、事業主又は取締役の3親等以内の親族は対象外です。親族を有期契約労働者として雇用しても、健康診断の助成の対象人数には当てはまりませんので、気を付けましょう。

こちらの助成金を利用する場合は、健康診断を受診する前に、事前の手続きが必要です。

従業員が健康で快適な職場環境を形成していくために、健康診断の導入をお考えでしたら、「キャリアアップ助成金 健康管理コース」をうまく活用していきましょう。

ストラーダグループがお客様にご提供させて頂くサービス

補助金・助成金の活用について

補助金・助成金とは、国からもらえるお金です。
メリットばかりの補助金や助成金ですが、デメリットとしてその種類が多数あり自社に合うものを探す事が困難ということがあげられます。さらに、専門的な知識を有し、事業計画書の作成や事務手続きに時間を要する場合があります。
ストラーダグループでは、無料で補助金/助成金のコンサルティングレポートを作成し、お客様に合致した制度をご提案致します。

また、関東経済財務局長及び財務支局及び経済産業局長認定の経営革新認定支援機関であるストラーダグループが事業計画書を作成するため、補助金の取得率が増加致します。