「支給される助成金の額は、本業の売上のいくらに匹敵するのでしょうか?」
こういう質問は多く寄せられますし、これがわかると助成金や補助金を支給されるということがどれだけすごい事なのか、ご実感いただけます。

まずは、あなたの会社の決算書を持ってきてください。次に、決算書の「損益計算書」を出してください。
そして、売上高、経常利益の数値を紙にメモしてください。その上で、経常利益÷売上高(経常利益率といいます)を算出してください。

(例)
①売上高:1,200万円
②経常利益:300万円
③(②÷①)経常利益率:25%

最後に、あなたが経済効果を知りたい助成金の額を紙にメモしてください。

例えば、助成金として110万円支給された場合は、440万円の売上に匹敵します。110万円(助成金受領額)÷25%(経常利益率)で計算します。

売上高の効果=受給する助成金額÷経常利益率

上記で、算出することができます。

経常利益率が変われば、助成金の支給額が同じ110万円でも、その売上高の効果に違いが出てきます。

表を横にずらすと続きが見えます。

経常利益率売上高
5%2,200万円
10%1,100万円
20%550万円
30%366万円
40%275万円
50%220万円
  売上高の効果

ストラーダグループがお客様にご提供させて頂くサービス

補助金・助成金の活用について

補助金・助成金とは、国からもらえるお金です。
メリットばかりの補助金や助成金ですが、デメリットとしてその種類が多数あり自社に合うものを探す事が困難ということがあげられます。さらに、専門的な知識を有し、事業計画書の作成や事務手続きに時間を要する場合があります。
ストラーダグループでは、無料で補助金/助成金のコンサルティングレポートを作成し、お客様に合致した制度をご提案致します。

また、関東経済財務局長及び財務支局及び経済産業局長認定の経営革新認定支援機関であるストラーダグループが事業計画書を作成するため、補助金の取得率が増加致します。