フランチャイズ事業は、比較的成功率が高い起業方法の1つです。

一般的に商売は、1つのサービスを提供してお客様から代金を回収するまで、「営業/集客」⇒「サービス提供」⇒「代金回収」という手順をとります。フランチャイズ事業であれば、この全てのプロセスが一通り構築されています。
また「営業/集客」においてもフランチャイズ事業であればある程度、お客様に認知されていますので、知名度やイメージが有効活用できます。例えばローソンのフランチャイズ事業であれば、「ローソン」という名前が一般的に認知されていますので、近隣のお客様はローソンのサービス、ローソンの商品になじみがあることが多く、抵抗なく訪れてくれると思います。

起業した経営者の最初の仕事は、ビジネスの仕組み、つまりは「売れる仕組み」を作ることです。そこが、ご自身の事業が軌道にのるか否かの一番の関門なのかもしれません。

この「売れるしくみ」を構築できずに廃業していく経営者は数多くいます。これが、起業は難しいと言われる理由なのです。

メリットが多いフランチャイズビジネスですが、「売れる仕組み」を提供してくれる対価として本部にロイヤリティーを払う仕組みとなっています。

この「売れる仕組み」とロイヤリティーを天秤にかけた時に、その事業が成功する可能性が決まってきます。そのため、本部とロイヤリティーの額を決める際は、慎重に検討する必要があるのです。

従って、必ずフランチャイズの本部が作成している資料や契約書を必ず確認しましょう。
その際にチェックすべき事項は以下のようになります。

表を横にずらすと続きが見えます。

損益面のチェック初期投資額、標準モデルの売上高、粗利益、人件費、貸借料1人当たりの粗利益、オーナー、家族の人件費をチェック
加盟店の義務ロイヤリティーの基準、設計指定、本部指定の備品、研修の義務、開店までの準備期間、費用、本部からの仕入義務、会議への出席義務など
本部の支援の内容スーパーバイザーの活動支援の内容、販促ツール、POPなど本部から提供される備品、消耗品など人員派遣、パート派遣などの支援など
契約解除通知機関、途中解約、違約金、機密保持、競合禁止の規約など

フランチャイズ事業にはフランチャイズ本部に支払うロイヤリティーの算定や売上予測、経費予測などの数字に関する知識が重要となります。

フランチャイズ事業の成功者に話を聞くと、多くの方が口を合わせて一番の成功要因は、「立地」だと答えています。いかに良い立地に店舗を構えることができるかが重要なポイントになるのです。