独立のために資格を取得されるケースは2パターンあります。