年齢は早ければ早いほど良いです。完璧な事業承継をするには、一般的には、約20年必要と言われています。

事業承継には、2つの事業承継があります。

株の事業承継

株の事業承継は、承継相手に資金力があり、多額の納税をしてもよい覚悟があるのであれば、1年もあれば完結します。しかし、納税資金を極力抑えたい場合は、数年、数十年の歳月が必要となります。しかし、資金力がない場合は、対策が早いほど支出は少なくすることができます。

人的な事業承継

人的な事業承継は、一朝一夕でできるものではありません。後継者の地位を代表取締役に変えたからと言って、事業承継は完結しません。

周りの従業員は、代表者が変わってどう思うでしょうか? 取引先は、どう思うでしょうか? 銀行は、どう思うでしょうか?

どのような事業も、「信頼」で成り立っています。 従業員、取引先や銀行との信頼を得るには、代表取締役の能力や人望が重要となります。能力や人望を作るためには、現代表者の長年の手助けが必要となるのです。

事業承継時の現経営者年齢別の事業承継後の業績推移

中小企業庁のデータによると、後継者に若いうちに引き継がれた方が、事業の業績が上がる可能性が高いというデータがあります。

早めの事業承継をご検討ください。