会社を設立後、営業活動を始めるまでの期間に特別に支出した費用を「開業費」と言います。
どのような費用が開業費に入るのかは、個別に判断が必要です。そのため、税理士などの専門家に聞く必要があります。
ただ、事業の関連性があると立証できるのであれば、開業費として入ると考えてよいでしょう。
例えば、飲食店を経営するAさんの場合を例にしてみます。

上記のような費用が一般的に入るとされています。

登記日より、どれくらいの期間前の費用が入るかは、税法上決まりがあるわけではありません。しかし、おおむね開業日の半年までの費用であれば入ると言われています。
開業より2年前の経費を開業費として入れたいと思っても、なかなか入れられないのが現実です。

開業費として何が入るかは、個別判断を要しますし、税務担当者によっても違いますので、早めに会社を設立し、無用なトラブルを避けることをお勧めします。

ただし、個人事業主で事業運営をされていた方が法人を設立した場合は扱いが異なりますので、上記には当てはまりません。
設立期間中に発生した損益は、個人事業主の損益に含めることになります。

ストラーダグループがお客様にご提供させて頂くサービス

会社設立について

お客様の希望する会社設立に関して、弊社専属の専門家によるヒアリングを行わせて頂き、お客様1人1人に合ったオーダーメイドの組織を設立させて頂きます。
初回のご相談は無料です。その後弊社のサービスを受けて会社設立される場合、お客様がご自身で会社設立する場合と同じ価格で会社設立が可能となります。

税務顧問について

弊社では低料金で高品質なサービスを心掛け、貴社のニーズに合わせて選んで頂ける料金体系を明確にしております。法人のお客様でも個人のお客様でもご利用いただけます。
弊社では会社設立1年目に限り月5,000円、年間60,000円の割引を致します。
また、補助金・助成金の申請などのストラーダグループが提供するトータルサポートサービスが割引となります。

会計面+税務面においてのアドバイス

会計のプロである公認会計士と税務のプロである税理士がお客様の経営に関するお悩みを数字の面から全面サポートさせて頂きます。